アメリカでシングルマザーをしていて幸せだなと思うこと

シングルマザー

シングルマザーの生活は既にお金もちでサポートがある人でなければやっぱり大変です。私アメリ子はアメリカでシングルマザーですが、大変なことを挙げればキリがないし他のシングルマザーたちを見てもやっぱり大変そうです。

でも今回は、敢えて『シングルマザーでも幸せだな、と思うこと』を取り上げてみたいと思います。

何事も考え方次第でプラスにもマイナスにもなります。個人の状況によって違うと思うので『ふ~ん、そうなの』と参考くらいにして頂けたら嬉しいなと思います。

スポンサーリンク

アメリカでシングルマザー【私のケース】

私のアメリカでの状況はこちら。

  • 渡米してから1年3か月でシングルマザー
  • 子供一人(女の子)
  • シングルマザーになった当初の子供の年齢は2歳半
  • 子供以外の家族はなし
  • 親しい友人ゼロ(世間話くらいの友人は数人)
  • 過去アメリカに住んだ経験あり(max1年)
  • 英語力:かなり昔TOEIC900(渡米時:英語サイト見るのがストレス 現在:ストレスなしCNNなど動画も日常的に視聴)

 

客観的に見て良いところは基本的な英語力があったことくらいかな。( ;∀;)

 

スポンサーリンク

アメリカでシングルマザーでも幸せ?

この幸せ度は、過去日本でたくさんの友人と交流していて楽しく過ごしていたときと比べたものじゃありません。状況が全く違うので、上記の状態の私が今、シングルマザーでも幸せだと感じること10個を挙げてみました。

 

幸せ① 子供が明るい

幸か不幸か、アメリカは共同親権が一般的で、私たちも共同親権で子供を育てている上にそれぞれの自宅が近く、学校を挟んで向かい側という感じの立地に住んでいます。

共同親権といっても私がprimary custodial parentで子供と一緒に住む権利があり、父親は面会権がそれなりの時間あります。(日本と比べたらかなり多いです)

隔週の週末には父親に会いにいく、電話で話す、父親が学校の参観日に来るなど、一緒に住んでいないものの定期的に会っていることや父親から愛情を注がれていることなどから我が子は普通に両親が大好きで健康で元気な子供に育っていて、これは本当に幸せです。

 

これからどうなるかはわからないけど、今のところ子供は学力も問題ないし、性格も明るくてよく喋って『ちょっと静かにして!』と言わなきゃいけないときがあるくらい。これはホント一番幸せ!

 

幸せ② 無駄に人間関係に悩まない

離婚してすぐに仕事を複数掛け持ちしたんですが、日系の会社だったのでいろんな繋がりがあって、とっても気を遣うこともありました。人間の裏表も見てきたし、イヤな思いもしましたね。”(-“”-)”

また、渡米当初は友達を作ろう、とネットで近所の日本人を探したり、実際に日本人のママ友を作ったりしましたが離婚を機に忙しくなったりで疎遠に。

今は外の仕事は辞め、日本人のお友達とも連絡取らなくなり、面倒な人間関係は一切なくなりました。そして一番のストレスだった夫もいません。人間関係といえばたまに子供が仲いいクラスメイトのママ数人とやり取りするくらいです。

 

20代だったら友達がいないと生きていけないわ!!と思ってましたが幸い40代のシングルマザーなので、全然OK。一人で楽しむ方法はいっぱいあるし、ママ友と集まって誰かの悪口言ったり世間話するより、いろんなことを学んだり子供と過ごす方が良い。

人間関係の断捨離をすると『あぁ、テキストメッセージ返信してない』『あぁ、約束があった』とかであたふたすることもなくなります。

たぶん子供が小さいからそう思うのかもですね。

もうちょっと時間ができたら、信頼できる友人2~3人作りたいなぁ。

 

幸せ③ 家で仕事できる

私にとって一番の目標が、家で仕事をすることでした。

そのため、離婚してすぐは日系の会社のバイトで特別なスキルがなくてもできるものを選びました。そして、仕事を掛け持ちしつつ副業。体も心もボロボロになりながら睡眠を削って必死で働いた結果副業で稼いでいけるようになり、家で仕事できるように。

家だから楽ってわけじゃないですが、いつ引っ越ししたいときがくるかわかんないし、外の仕事はクビ切られたら終わりです。そういう自由とクビになる心配はなくなったことはとっても幸せ。しかも夫に○○買ってといって断られる心配もないし。

しかも顔を見たくない夫はいないので家での仕事がストレスになることもありません。

 

それと、朝起きてコーヒー飲みながらパソコンに向かう瞬間が最高!

 

幸せ④ 夫の顔を見なくて済む

結婚していたときは、(特に夫がモラハラ男だったから)毎日が地獄でしたが、今は起きても可愛い娘の顔だけしか見ないので幸せ。結婚していても関係がうまくいってなかったらやっぱり精神的にしんどいですよね。

シングルマザーになって引っ越した日に一番幸せだったのはこれだったかも!

 

幸せ⑤ 夫の夕食を作らなくて良い

 

これも私にとってはかなり幸せです。ご飯作るのが大好きな人なら問題ないと思いますが、私はご飯作るのが嫌い。笑

特に味覚の違う相手にご飯を作るのはメニューを考える時点からめんどくさいし時間がもったいない!

そうは言っても子供のお弁当や朝、夕ご飯はもちろん作りますよ~。でもそれは夫の夕食を作ることのめんどくささとは比較できない(;’∀’)

 

幸せ⑥ 基本的に自由に行動できる

子供がいての離婚なので厳密に言うと『自由がない』ことが多いです。でも私の場合、仕事の時間は自由、買い物も行きたいときに行けば良いし、誰かの都合に合わせる必要がない。これは自分に全責任がかかってくるけど、体調が悪いのに仕事に向かわなきゃいけない、とかがないので幸せです。

 

幸せ⑦ 相手の家族との集まりに参加しなくて良い

私の元夫は両親がいなくて兄妹のファミリーだけだったのでそんなにあれこれ悩んだ経験はないですが、過去に付き合った人の家族とかやっぱりかなり気を遣ったのを覚えてます。

普通に結婚しててお姑さんの家に行ったりするのもストレスが多いものだし、そういう体験をしなくていいのは幸せ。

 

幸せ⑧ ロケーションの良い場所に住んでいる

元夫と近くに住んでるのになかなか引っ越したいという気持ちが湧かない理由の一つがこれ。

今住んでいる場所はアメリカで人気のあるテキサス州。そして中でも教育水準も高くて治安が良く、財政の潤った地域です。とはいえアメリカなんで銃を持ってる人もいるし車上狙いや盗みは日常的に起こってます。でも警察があちこちにいるし、今のところ危険を感じたことはありません。

都市部というわけでもないから夜は静か。でも周りにはスーパーやショッピングセンター、レストラン、costco、警察、消防署、郵便局など生活に必要な場所が全部そろっているし、学校までは歩いていけるほど近くて、これは文句なしで幸せです。

 

幸せ⑨ 新築アパート

 

今住んでいるのは新築のアパートで、リゾート風に設計されたオシャレなデザインです。窓から見える景色も好きだし、家賃が少し高めなので柄の悪い人を見かけることがあまりありません。

 

アパートの家賃でお金を捨てていくなら、家を購入して財産にする方が良いんだろうし、いずれはそうしたいんですが、この立地やアパートの素敵さ、そしてアパートだと問題があればメンテナンスがすぐに来てくれて対処してくれるので今はこっちのが幸せかな~。

こんな風にシングルマザーなら夫の同意を得なくても好きな場所を選んで住めます。

 

家を購入したら、排水口が詰まったり、虫が出たり、エアコンが壊れたり、盗難や怪しい人が来たり、いろんなことを全部自分で解決しなきゃいけないけど、アパートならそれは全てアパート側がやってくれるし、特に新築の素敵なアパートに住めたのはタイミングや友人の助けもあってのことで、とっても感謝です。

 

 

幸せ⑩ 子供と向き合う時間が長い(絆が深まる)

通勤の時間がなくなったこと、学校が近い事、子供と一緒に住めることプラス、頼る人がいない分子供と常に一緒なので絆が深まります。たまにケンカすることや子供を叱ることもありますが、なぜ叱っているのかしっかり説明する時間があることや、子供の小さな変化に敏感に気づけることは幸せなことだと思います。

 

娘もじっくり向き合って相手をするようになってから、ママ大好きと毎日何度も言ってくれます。

きっと他のママたちもそう思うんじゃないかと思いますが、めちゃくちゃお金持ちのシングルマザーになるより、子供からめちゃくちゃ愛されてるシングルマザーになる方がずっと幸せです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

私バージョンの幸せなのでみなさんそれぞれ幸せに感じることは違うと思いますが、離婚した当初はこの10個のうち④くらいしか幸せに感じませんでした。渡米から離婚後2年くらいが一番つらかったなぁと思います。

シングルマザーになって一番幸せなのはやっぱり子供に関することが多いですね~。私が今回挙げた幸せなことに目を向けることができなかったときは全然笑わない私に娘も笑わなくなってましたが、幸せなこといっぱいあるじゃん!と気づいてからよく笑うようになった私を見て、娘はhappy girlになっていったので物事の捉え方って本当大事だな~と思いました。

シングルマザーで性格がキツイ、とかわがままだとか周りに思われてる人は、たぶん『幸せなことを見つけられない負のループ』からまだ抜け出せていないだけだと思います。

離婚時の私が、やることだらけで頭がパニック状態だったときにそんな感じだったのでとってもよくわかります。あと、モラハラを受けてたので男が大っ嫌いな時期がありました。

でもアメリカで友人も家族もいないシングルマザーの私が幸せだと思えることがこんなにあるので、きっと今そんな風に思えない人もいつか小さい幸せに気づくときがあるはずです。(^-^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました