どっち?彼、夫、上司がナルシシストかただの嫌な奴か見分ける方法

ナルシシスト

ナルシシストは他人を精神的に病ませる人格障害。深く関わらなければ害はないですが、彼氏や夫、上司だった場合は大変です。この人たちは他人を利用して自分の目的を果たすのでいわゆる『嫌なやつ』なんですが、嫌な人ってどこにでもいますよね。

 

実は私も、夫がナルシシスト(診断はないがNPDの傾向)だろうと知った時、彼から受け続けていたモラハラをあげて弁護士に『NPDだと思う』と言うと『I think he is just a jerk.(単なる嫌な奴なだけだと思うわ)』と言われてしまったことがあります。

このNarcissistとJerkは何が違うのか、これを間違うと誰でもナルシシストと呼ばれかねないので、ハッキリさせたいと思います。

スポンサーリンク

ナルシシストとは

ナルシシストがなぜ嫌なやつと思われるのかというと、ナルシシストは他人に共感しない(人の気持ちがわからない)うえに、自分の目的のために他人を利用するからです。

 

会話の流れを自分に有利にもっていこうとしたり、相手に『私(俺)が悪かったんだ』と思わせるような誘導をします。これだと一見わかりにくいですが、浮気して逆切れするとか、自分が評価されなかったことで家族に八つ当たりするなどわかりやすい行動もあります。

 

ナルシシストの主な特徴は

  • 他人に共感しない
  • コントロールしたがる
  • 特権意識がある
  • 自分の目的のために他人を利用する
  • 人や状況を操る
  • 称賛や評価を欲しがる
  • 人の意見を聞かない
  • 他人を羨んだり、他人から羨ましがられていると思っている
  • 怒りを爆発させる

 

 

こんな人あんまりいない…と思っている方もいるかもしれないですが、アメリカの専門家たちはナルシシストは今どんどん増えていると言っています。そしてアメリカ大統領を始め、セレブや有名人の中には本当にたくさんナルシシストがいる…と。

 

 

commons.wikimedia.org

 

逮捕された芸能人や性格悪いと有名なミュージシャン、カリスマ社長…、日本の芸能界でもかなりのナルシシストがいるんじゃないでしょうか。

 

 

私自身も過去に3人の違うタイプのナルシシストと付き合ってしまったし、周りにも怪しいな…と思う人が結構います。インスタグラムやSNSがこれだけ普及してしまったことで、他人に自分自慢をする人も目立つようになっています。ナルシシストは今後間違いなく増えていくと思います。

 

スポンサーリンク

単なる嫌な奴との大きな違い

これはナルシシストの専門家で有名人や被害者から絶大な信頼を得ているDr.Ramaniの言葉で言うと、

 

『ナルシシストは行動パターンがある』

 

単なる嫌な奴、は普通の人でも誰でもなりえます。機嫌が悪くて人に当たってしまったり、意地悪な態度を取ってしまったり…人生で誰もが経験したことがあるはずです。

 

でも、単なる『嫌な奴』は同じことを何度も何度も繰り返すことはありません。

 

一方でナルシシストは精神的な嫌がらせを一定のパターンで繰り返します。

 

 

ナルシシストには、芸能人のようなカリスマ性を持ち『自分は有名人』と自覚する外から見てすぐわかるパターンの人と、一見大人しくて優しそうだけど深く付き合うとモラハラ男とわかる隠れパターンがあります。

 

 

芸能人や社長のナルシシストの場合でいえば、付き合い始めは『高級なレストランに連れていく』『豪華なプライベートジェットやプライベートヨットでの旅行に連れて行く』『なかなか会えない芸能人に会わせてもらえる』『イベントの特別席に座れる』…などの『まるで夢のような世界』に連れて行ってくれます。

でも一緒に住み始めたり、結婚すれば家の中では怒りっぽくて支配的になり、彼女や妻の行動を制限したり、お金を使わせなかったり、など全然違う一面を見せるのです。

 

 

あれ?と彼女や妻が思い始めますが、離れようと思っても始めの特別扱いが忘れられずにきっと今は不機嫌なだけなんだろう、いつか変わるだろう…と期待してなかなか離れることができません。

 

 

そして実際に彼らが欲しい『称賛』や『高評価』や『注目』を浴びることができて機嫌が良い時には、バケーションに連れて行ってもらうなど家族も良い思いをすることができるので家族はモラハラを我慢してしまいます。

 

 

彼らの『特別扱い』に惚れて結婚してしまった場合はこのサイクルにハマり、いつかきっと…と希望を持ち続けてこのジェットコースター人生を送ることになり、結局精神的に疲れ果ててしまいます。

 

こういうナルシシストがパートナーだと他人からは『玉の輿で羨ましい』『有名人の夫でかっこいい』『芸能人に会えて羨ましい』と思われるけど、実際は全然幸せじゃなかったりするのです。

 

 

結論、嫌な奴とナルシシストとの違いは、このパターンがあるかないか。

 

ナルシシストとの生活はジェットコースター

 

 

精神的に振り回されるので、まさしくその通りです。

 

私が弁護士に『単なる嫌な奴よ』と言われたのも、元夫の親族の女性が『あいつ嫌な奴ね』と言っていたのも、単に突発的な出来事しか知らないからです。

私はナルシシストの行動パターンにいつも振り回されてきたので、単なる嫌な奴ではないことはわかっていますが、これは実際にそのパターンを見ない限りわからないということかもしれません。

 

スポンサーリンク

タダの嫌な奴じゃなかった場合は注意

大事なのは、単に嫌な奴じゃなかった場合です。

 

もしも相手が精神的な嫌がらせを繰り返すナルシシストだった場合の選択肢は二つ。

 

離れる or 付き合い方を覚える

専門家や被害者のほとんどは『離れる』ことを勧めています。私も友達や大切な人たちに相談されたら、絶対に離れることを勧めます。

もし、ナルシシストを変えてあげたい…治療したら治るかも…と思っていたら、それは時間の無駄です。

 

ナルシシストは変わりません

 

 

もう一つ、大事なのは、

 

ナルシシストは、コイツ使えないな、と思ったらすぐ捨てて次を探します。

 

 

 

もし、ナルシシストの彼(夫)が彼女(妻)は自分にとってもう役に立たないなと思ってる時に、彼女から『別れようか迷ってる』というようなことを言われたら、本当は問題解決したかっただけなのに突然捨てられる可能性があります。

 

 

長く付き合っていたとか関係なく、私たちの間に本当に愛はあったのかな?というくらいアッサリ捨てられてしまうのです。

 

特に有名人や芸能人、社長などモテるタイプのナルシシストの場合は、すぐに他の相手を見つけられるからです。

 

 

 

もし、隠れナルシシストだった場合は、ナルシシスト側が他の相手を見つけるのが難しいため、いろんな方法で別れさせないようにしたり、最悪ストーカーになるかもしれません。

 

 

隠れナルシシストはともかく、芸能人や有名人、社長と付き合っていた人は夢のような経験を思い出し、別れを引きずることがあります。そんな時に相手のSNSを見るのは絶対やめた方がいいとのこと。

 

 

自分は別れを引きずってるのに、相手はアッサリ次の彼女を見つけて楽しんでる…なんてことがよくあるからだそうです。

 

ナルシシストと別れる時の鉄則は、連絡先を全てブロックすること、です。

 

そうしないと別れた相手がすぐに次の彼女を見つけたことを知ってショックを受けるかもしれません。

 

 

でも私の場合は、別れた彼氏が次の相手を見つけた時に『次のターゲットになっちゃったか…可哀そうに』としか思いませんでした。きっとそれは事実で彼はあなたにしたことを次の人にするだけです。引きずるだけ時間の無駄です。一番しなければいけないのは、ズタズタにされた精神を元に戻すことです。

 

 

 

ナルシシストと別れたら、もう連絡を一切絶って忘れることが大切です。自分から『やっぱりやり直そう』と戻るのは一番最悪です。同じことを繰り返して精神的にもっとボロボロになるか、ただでさえ支配的なナルシシストが以前よりもっとひどいモラハラを繰り返すか、場合によっては暴力になっていく可能性もあります。自分からでなくてもナルシシストから復縁を迫られても戻ったらそうなる可能性が高いです。

 

 

この記事の最後にも書いていますが、アメリカの警察官の話によると、DVケースでよくあるのが、通報してきた女性が男性から逃げた後にまた同じ男性からのDVで通報してくるパターン。復縁したらDVはひどくなるという例です。⇩

 

スポンサーリンク

まとめ

ナルシシストは単なる一時的な嫌がらせをする嫌な奴とは違って、嫌がらせを始めとするナルシシストの行動パターンを繰り返す人たちです。

 

この行動パターンのせいで精神的に病んできた…という人達は相手との関係を絶つか、絶てないのなら『ナルシシストは変わらない』『この行動パターンはずっと繰り返される』ということを頭において対応しなくてはいけません。

 

ナルシシストがいくら魅力的な相手だからといって、一生ジェットコースター人生を歩むなんて全然幸せじゃありません。

逆に、単なる嫌な奴、と言うだけで『あの人ナルシシストよ』と言ってしまう人が増えるとナルシシストに対する間違ったイメージも広がってしまいます。

 

 

本当のナルシシストは一緒にいると妙に心臓が高鳴って緊張したり、イヤな気持ちになる…ナルシシストが帰宅した車のエンジン音が聞こえるだけで怖くなる…という心理的影響を与える怖い人たちです。これは経験しないとわからないかもしれませんが、経験する前に知って避けることができれば一番です。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました