ナルシシストと付き合うとこうなる…私が付きあった3人の『国籍もタイプも違う』ナルシシストたち。

ナルシシスト

ナルシスト男と付き合いたい…少しでもそう思っている人がいたら相手はナルシストじゃないのかもしれません。ナルシストとは英語圏ではナルシシストと言いますが、本性を知ったら絶対に付き合いたくない相手です。

ナルシシストは自分の目的のために相手を利用します。付き合っている相手でも同様で、そこに本当の愛はありません。

私は過去と現在含めて3人のナルシシストと付き合ってしまいました。しかも全員国籍が違います。私がナルシシストのターゲットになりやすいタイプだったこともありますが、それ以前にナルシシストについて知らなかったのが原因です。

 

今日は、思い出したくない過去を敢えて思い出して、彼らの第一印象、始めのデート、どんな風に本性を現したのか、どういう結果になったのかという事実を元に、私なりにナルシシスト分析をしていきます。

スポンサーリンク

ナルシシストには外交的・内向的タイプがある

まず、ナルシシストについて振り返っておくと、彼らにはこんな特徴があります。

1.他者に共感しない。
2.権力や名声にこだわる
3.自分は特別な存在だと信じている。
4.褒められたくてたまらない。
5.特権意識が強い。
6.自分の目的達成のために他人を利用する。
7.他人の言動を操る。
8.自分は他人より優れていると思い込む。
9.傲慢で支配欲が強い。
10.平気で嘘をつく

 

ただ、ナルシシストでも一見こんな特徴が見られない人もいます。

それは、ナルシシストには外交的でわかりやすい人と内向的でわかりにくい人がいるからです。

 

これは尊大型ナルシシストと脆弱型ナルシシストと呼ばれ、一見真逆のタイプです。簡単に言うと、幸せそうに見えるかあんまり幸せそうに見えないかという感じです。

 

 

ちなみに英語圏では

尊大型ナルシシストは『Grandiose Narcissist』または『Overt Narcissist』

脆弱型ナルシシストは『Vulnerable narcissist』または『Covert Narcissist』と言います。

 

 

 

それぞれの特徴は

 

尊大型ナルシシスト

①権力や地位にこだわる

②目立ちたがりでSNSで持ち物や自分自慢をする

③芸能人、著名人、政治家、社長に多い

④自分は特別な存在ということを疑わず、ストレスにも強い

⑤自分より劣ると思っている人間に対する扱いがひどい

 

 

脆弱型ナルシシスト

①内向的で穏やかそうに見える

②批判にとても弱く敏感に反応する

③他人の成功を妬み、足を引っ張ろうとする

④陰湿ないじめをする

⑤仕事や恋愛が長続きしない

⑥ネガティブで鬱病になりやすい

⑦被害者意識が強く、他人のせいにする

 

私はこのどっちのタイプとも過去に付き合っています。どっちがマシ?と聞かれたら、『どっちも最悪!!』と即答しますね。どっちのタイプでも相手は精神的に相当なダメージを受けることに変わりありません。

 

スポンサーリンク

3人の国籍の違うモラハラ男ナルシシスト

ナルシシスト① 嘘にまみれた日本人

pixabay

 

 

ナルシシストのタイプ…尊大型ナルシシスト

ナルシシストの特徴のうち見られたもの…

①社長肌

②権力や地位に弱い

③平気で嘘をつく

④傲慢で支配欲が強い

⑤自分は他人より優れていると思い込む

第一印象…男らしく包容力がありそう。優しくて笑顔が素敵。可愛らしく面白い。よく喋る。

最初のデート…よく覚えてません。が、良いレストランに連れて行ったり、プレゼントをしてくれたり、素敵な扱いをしてくれたことは覚えています。

本性を現したとき…一緒に暮らし始めて少し経ったとき。(何かしら彼の挫折、キレるきっかけがあった)

付き合った期間…約2年

結果…モラハラを受け続け、金を盗まれ、精神的にボロボロになり、別れてから3日寝込んだ

現在の彼…誰もが知る大手企業の管理職

 

 

悲しいかな、この日本人が私の初ナルシシスト彼氏となりました。そしてここで私はモラハラを体験することになるのです。これはもう10年以上も前のことです。

 

残念ながらこの時はモラハラという言葉も知られていなかったこと、外ヅラが良く自分と共通の友人が多い彼のモラハラを誰にも相談できなかったこと、などから何も対策できなかったのが実情です。

 

当時日記でもつけておけば良かったですが、たぶん他のモラハラ被害者の人たちも加害者から監視されてると思うのでできない人が多いはず。私も彼と同棲していて束縛されていたため、完全に精神的な支配をされていて日記をつけるなんて考えもありませんでした。

 

 

ただ、10年以上も前で日記もつけてなかったにも拘わらず、この人のことは強烈に覚えています。

 

出会いから別れまで、ナルシシスト被害の概要はこうです。

 

男らしく優しそうな彼A男に惹かれた私。A男は出会った時『社長だ』と言っていました。笑顔が可愛く面白い彼と付き合うことになった私。結婚にも玉の輿にも興味がなかった私ですが、海外が好きで一人旅もしていた私には当時いろんな国籍の友人がいて、彼は自分も海外に興味がある、というので意気投合。

付き合ってすぐに当時一人暮らしの私の家に転がり込んできた彼。社交的で話も面白い彼に私は友人を次々と紹介し、彼の幼馴染にも会い、私たちはお互いの友人を巻き込んで仲良くなりました。そして結婚を意識するように。

ところがしばらくして何かのきっかけで突然ものすごくキレた彼。いつもとは別人のようになり驚いた私ですが、これをきっかけに彼からのモラハラが始まったのです。

このタイミングで彼の話に疑問を持ち始めた私。社長というのに仕事している様子がない、車を2台持つというけど見たことがない、両親を紹介したり実家に連れて行こうとしない…。でもあまりに堂々としているし、お互いの友人も知ってるし、仕事の付き合いのある人にも会ったし…。おそらく彼がキレ始めたのは私が彼の怪しいところを指摘したりした時だったような気がしますがその頃には、すでに彼のコントロール下に。そしてそれまで私が友人に会うのも気にしなかった彼が私を完全に束縛するようになりました。

ここからは外では面白く饒舌なキャラ、家では気に入らないことがあるとキレて怒鳴るかモノを投げるという日々が続くように。耐えられず別れ話になってはくっつくを繰り返しますがついに彼が一線を越えたのです。

別れたいが別れられない私。私の気を引くためか海外旅行に連れて行ってやるというが、ケンカが原因でドタキャン。ところが友人には海外旅行には行ってきたと嘘。そしてついに私のクレジットカードから現金を勝手に引き出すという盗みを犯したのです。当時の限度額20万強。となりで銀行員と電話でやりとりする私にむかって『俺じゃないよ』と言い放つ。

最終的に知ったのは、彼が社長というのも2台目の車も嘘、私の金を盗み、その金で私にクリスマスプレゼント数万円を購入していたということ。

結婚の約束をし、親を紹介していた私は深く傷つきました。

その後、盗んだお金の借用書を書かせ、彼の就職先を探して履歴書を書き、就職させました。A男は私に借金を全額返却。そして私たちは完全に別れたのです。

 

A男はこの就職先で良い成績を残し、結果現在超有名企業の管理職となっています。

これが最初から最後まで堂々といろんな嘘をついた、日本のトップ企業の管理職のナルシシストです。

 

ナルシシスト② モデル体型お坊ちゃまイギリス人

 

嘘つき日本人に精神をボロボロにされた私は誓っていました。もう二度と日本人とは付き合わない…と。

 

もちろん日本人が悪いんじゃないんですが、海外旅行や友人と集まるのが大好きな私を束縛し、海外へ行かせないどころか、俺が連れて行ってやると嘘をついては実際は金がなく連れて行けない、そして友人には行ったと嘘をつく…こんな奴のために好きなことを我慢した自分が許せなかったのです。

 

もう好きなことをして生きよう…結婚もどうでもよくなり、彼氏はできたらできた、できないならそれでいい、と自由に生きる日々が5年ほど続きました。

 

そしてある日、私はあるイギリス人の男性B男に出会います。

これがまた強烈なナルシシストだったのです。

 

ナルシシストのタイプ…脆弱型ナルシシスト(尊大型ナルシシストの部分も)

ナルシシストの特徴のうち見られたもの…

①賛美を欲しがる

②被害者意識が高い

③自分より劣る(と思っている)人間への扱いがひどい

④自分の目的のため相手を利用する

⑤泣いたり怒ったりして相手をコントロール

第一印象…かっこいい。笑顔が可愛い。ちょっと頼りなさそう。

最初のデート…ショッピングに行き、私に靴をプレゼントしてくれた。その後も花を贈りたいとか何かしらプレゼントをくれた。

本性を現したとき…付き合って1~2週間くらい。

付き合った期間…約半年

結果…ワガママに振り回され、悪口を言われまくり自尊心をボロボロにされかけた

現在の彼…不明

 

身長186㎝のイケメンB男。筋肉質でまさしくモデル外見。ただ、私のタイプではなく、頼りなく女っぽい感じだったため付き合いたいとは思わず。友達になれたらな、と思っているとB男から積極的なアプローチがあり、付き合うことに。

A男とB男に対して私がダメだったのは押しに弱かったこと。彼氏はいたらいいな、くらいだったため猛アプローチされるとそんなに言ってくれるなら…と付き合ってしまう。A男の場合は私も好きになったんですが、B男はアプローチされなければ付き合っていませんでした。

ナルシシストは狙った獲物はいろんな手で落としにかかります。

 

モデル体型で実際にモデルもしていた彼は着るもののセンスも良く、当時ヘアスタイリストとして日本にいたためヘアには特別にこだわりがありました。こういう人は私は苦手だったにもかかわらず、思わずドキッとしてしまうくらいカッコよかったB男。

 

この人との結末はザっとこんな感じでした。

 

出会ってすぐに『運命の出会い』のような態度で私にべったりなB男。イギリスからわざわざ日本に来てヘアスタイリストとして活躍する予定だったにもかかわらず、せっかく始めた仕事をやめて私の住む地方に引っ越すと言い出す。この時付き合って1週間~10日ほど。これはヤバい、と思いとどまらせようとするが聞かず。

彼の話では、父親は社長で家はお金持ち。どうやらマザコンのようで母とビデオ通話をよくしているよう。その時に紹介したい人がいる!と言い出し、出会って間もない私を紹介。母はニコニコ感じが良く、オシャレで確かにお金持ちで品のある奥様。自宅も素敵だった。ただ、ちょっと違和感だったのは、B男と彼女の会話はいい大人の男が話す母との会話じゃなく、まるで10歳の子供がお母さんに好きな人できたよ!と話しているよう。母は笑顔で話半分、そんな感じ。

このB男はその後どんどんヤバくなっていきました。まず、当時私にかかってきた男友達からの電話を奪い、『お前誰だよ!俺が彼氏だ!二度と電話してくるな!』とぶちギレ。

地方に引っ越すもお金がない。無理やり私に一緒に暮らすよう懇願し、母にお金を貸してと頼みこみ引っ越す。お金がないくせに引っ越し先は新築のメゾネットを選ぶ。家具やら電気やら全て私が手伝うが、この頃既にモラハラ気味に。ただ、B男はA男と違って根暗でネガティブ。人前では子供のように恥ずかしがるが、私と二人だとワガママ放題。私がすぐに嫌気がさして別れようとすると号泣。ぜんそく持ちだった彼は興奮すると発作が起きるため、さすがに外国人を一人きりにできず助けに行く、そうやって彼は私の良心をうまく利用しては離れさせないように仕向ける。ストーカー気味になっていたB男を振り切るが、とにかくものすごくしつこく追いかけてくる。

 

一緒に街を歩けば女の子たちが振り返り、走り寄ってきて写真を撮っていいかと聞く子もいるほどカッコよかったB男だったけれど、実際はとても気持ち悪い性格。彼の引っ越し全てと新しい就職先を見つけた後、精神的に疲弊しまくっていた私は完全決別を決意。泣き落としを無視しSNSをブロック。始めの別れを告げたのは付き合って2週間くらいだったと思うが、結局半年くらい付きまとわれる結果に。

 

今振り返ると、この中にナルシシストそのもののred fragがたくさんありました。

①出会ってすぐ運命の出会いを演出する

②すぐに同棲したがる

③出会ってすぐ結婚の話をする

④束縛が激しい

⑤人の良心を利用するために泣いたり怒ったりする

⑥自分は努力しないで悲観的なことばかり言い、相手の同情を引いて相手に自分の役に立ってもらう

 

たった数ヶ月ですが、この人から学ぶことはたくさんありました。きっと見た目がかっこいいから女の子が寄ってきて今までも助けてくれたんだと思います。今、外見がかっこいい男を見ると一歩引いてしまう自分がいるのもこのB男との過去があるからです。

 

現在の彼はよくわかりませんが、たぶん仕事をやめて自国に帰ってるのではないかと思います。

 

 

ナルシシスト③ 切れない関係になったアメリカ人

B男に出会って恐ろしい体験をした私は再びナルシシストに捕まるのです。どうしようもないねって感じですが、他の人のナルシシスト体験を聞いても本当に普通によくある出会いだったりしているので、もうこれは仕方がなかったのかも。

 

以下が3番目のナルシシスト、私の元夫です。

 

ナルシシストのタイプ…脆弱型ナルシシスト

ナルシシストの特徴のうち見られたもの…

①賛美や高評価を欲しがる

②被害者意識が高い

③他人より自分は優れていると思い込む

④自分の目的のため相手を利用する

⑤ガスライティングで相手をコントロール

⑥批判をするが批判されると異常に攻撃的になる

第一印象…落ち着いている。男らしい。お金の管理がしっかりしていて計画性がある。

最初のデート…お互いが好きなハイキングへ。とはいえ、彼の性格が暗いため私は彼にいろいろ話しかけるが空回り。

本性を現したとき…兆候はあったが、完全に現したのは渡米して一緒に暮らし始めた時

付き合った期間…出会ってから約8年今後しばらくは関係が続く。

結果…精神的に病んだ。自殺願望。社交的な性格から引きこもりに。人を信用し辛くなった。

現在の彼…相変わらず典型的ナルシシスト。このブログで報告中。

 

私は男らしい人がタイプだったんですが、暗い人は苦手。でもイギリス人B男のように見た目ばっか気にするチャラい感じは嫌で、真逆の元夫オリバー(仮名)に安心感を覚えました。結婚願望はほんの少し出てきたところ。

付き合うならこの人じゃないけど結婚するならこういう人だな…。それが第一印象でした。

とはいえ、付き合ってみないとわからない。でも長く付き合う前に子供ができた、短く言えばそれが全てです。

 

この人とのいきさつはモラハラエピソードを始めいろんなところで書いているので省略しますが、3人の中でこの人がいちばん付き合いが長いことや移民として彼の国に住んでいた立場から一番ひどいモラハラを受けました。一体どうしてここまでひどい仕打ちを…と思うくらい精神的にボコボコにやっつけられ、味方はいない、そんな状況です。

 

他の被害者たちを見ていても、いろんな性格の人がいます。『私は大丈夫』と思っていても隠れナルシシストがたくさんいるので危険はどこにでも潜んでいます。

 

ナルシシストになる原因も、この3人から大きなヒントをもらいました。これは別の記事で書いていこうと思います。

スポンサーリンク

まとめ:ナルシシストに捕まらないコツ

散々捕まってた人にコツとか言われても…って言われちゃいそうですが(確かに…汗)、散々つかまったからこそ学んだことがあります。私の失敗体験から言えるのは、『ナルシシストのターゲットは誰でもなり得る』ということです。

 

見た目がかっこいい、お金持ち、仕事で成功している、というナルシシストもいれば、シャイで優しいナルシシスト、目立ちたがりではなく堅実そうなナルシシスト、いろんなタイプがいます。つまり正反対の性格のナルシシストがいるからこそ、いろんな人が彼らに惹かれる可能性があるってことです。

 

 

これは、ナルシシストに捕まりやすい特徴をもつ性格を変えればいい、というのも一つかもしれませんが、例えばその特徴の一つ、他人に感情移入しやすい人っていうのは思いやりがあるってことなので本来とても素敵な性格のはずです。

そんな人がもしナルシシストのせいで世の中から減っちゃえば、世の中には自己中の人が増えてどんどん住みにくくなります。

 

私の考えでは、そういう性格を変える、とかじゃなく、以下が良いと思っています。

 

①ナルシシストというのはこういう人だという知識をつけること

正しい対処法を身につけて対応すること

 

私はさんざんナルシシストに捕まってきて、今でも毎日彼らについて学んでいるので、今はナルシシストっぽいなというのがすぐわかるようになりました。人の話を聞いても『そこヤバいよ』というのがピンときます。

 

加藤諦三さんによると日本人は脆弱型のナルシシストが多いそうですが、最近のSNSの普及できっと尊大型ナルシシストがもっと増えるんじゃないかなと私は思います。

 

尊大型ナルシシストは成功者も多く、社交的で魅力的です。そんな人が増えればそれに惹かれる人も増え、結果的にナルシシストに利用され、精神的に虐待を受ける被害者が増えます。

 

 

世の中から思いやりのある人が減ってほしくない、でもそういう優しい人がナルシシストの被害に遭って欲しくもないです。

 

それを防ぐには、みんながこの人格障害を知って、正しく対処するのが一番。

 

ドラッグ使用で捕まったのに、『○○は素敵なんだからドラッグばかりフォーカスするのは可哀そう』とか世の中ではまだまだナルシシストにセカンドチャンスどころかたくさんのチャンスを与えすぎです。いい加減にして!と思います。また、歌姫、とかチヤホヤして『あの人だからアリだよね』とかナルシシストを持ち上げる社会も本当に危険です。

 

長くなってしまいましたが結果的に私はかなりハードな方法だったものの、人生の勉強ができたのは良かったと思ってます。世の中でナルシシストからモラハラを受けてる人たちが手遅れになる前に離れられますように。。

 

 

 

image…freepik,画像はイメージで実際とは異なります。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました