モラハラを繰り返すナルシスト女(妻)の特徴

ナルシシスト

みなさんこんにちは。アメリカでモラハラ夫と離婚したアメリ子です。このブログではモラハラ夫をメインに執筆していますが、今日はモラハラする女性に焦点を当ててみたいと思います。

その理由は、モラハラという精神的虐待を繰り返す加害者は多くの場合ナルシシスト(ナルシスト)であることが多いですが、ナルシシストにはもちろん女性もいます。

ただ、その割合がナルシシストエキスパートによると、男性8割に対して女性が2割と少ないため、声をあげる被害者が女性であることが多く、モラハラは男性のイメージが強くなってしまいます。

 

私は自分が直接何人かのモラハラ男と付き合ってきているので、モラハラ加害者を男性メインで執筆してますが、女性でも『私は特別』『みんなは私に憧れて羨ましがってる』と思いこんでる人を見かけることがあり、気になっています。芸能人にもわかりやすい人がいるし、モンスターペアレントや意地悪なママ友エピソードからもそんな傾向がありそうだなって人を見つけたりします。

 

 

モラハラは男性でも女性でも絶対に許されない行為です。

今日はモラハラする女性の特徴、つまり女性ナルシシストの特徴、そして男性とどこが違うのかをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

モラハラ女性の特徴

まず、モラハラする女性の特徴、というのをこちらの弁護士サイトから引用させて頂きます。

 

  • 自分が常に正しいと思っている
  • 外では献身的な妻を演じている
  • 夫を孤立させてコントロールしようとする
  • 平気で事実と違うことを言う
  • 常識を盾に攻撃してくる
  • 他人に感謝をしない
  • 元々細かい性格で文句が多い
  • 夫に厳しいが自分には甘い
  • 自分の親と仲が良い

 

これを見てみて私が思ったのは、『最後の項目以外は全てナルシシスト(ナルシスト)の特徴そのもの』だな~ということです。

 

ナルシシストというのは英語で、日本ではナルシストとして知られていますが、Narcissistic Personality Disorder(NPD:自己愛性パーソナリティー障害)の特徴を持つ人たちのことです。

 

  • 自分は特別だと思っている
  • 権力や地位、金、美貌、人脈に拘っている
  • 自分の目的のために他人を利用する
  • 共感しない(他人の気持ちを理解しない)
  • 支配力が強い
  • 自分を過大評価している
  • 他人からほめられたい欲が強い
  • 傲慢な態度。自分はいつも正しいと思っている
  • 批判されると過剰に反応する
  • 嘘を平気でつく

 

などの特徴の中のいくつかが見られます。

 

 

 

メインは相手をコントロールするところ。ナルシシストは外面がいいです。いい妻を演じるのは、他人から評価されて褒められたいからだったり、いざという時周りを味方につけて被害者になりきり、旦那を攻撃できるからです。

 

 

相手を束縛して孤立させるのはコントロールやガスライティングしやすくなるから。何かおかしい、と思っても相談する人がいない、という状態に仕向けたいのです。

 

 

事実なんてどうでもいいので平気で嘘がつけるし、『これが常識でしょ、みんなそうしてるわよ』というのはガスライティングという心理的虐待です。

 

 

感謝をしないのは、相手が自分のために何かしてくれるのが当然と思っているからで、細かいことに文句を言うのは、必ずしも神経質なんかじゃなく、相手をイジメる材料にしているだけです。

 

 

 

私のモラハラ元夫が、自分の部屋は書類が床に散乱してめちゃくちゃ汚いのに、『お前はキッチンに1滴のシミをつけた、掃除もできない女』、と私に文句を言ってくるのと同じです。

 

 

夫に厳しく自分に優しい…当然です。そもそも自分の利益のために周りを利用して生きているんですから。

 

 

 

自分の親と仲がいい、はナルシシストでいうと「自分にとって都合がいい人間とは仲良くする」ので親がそうであれば味方につけます。自分の父親と夫を比べてトライアンギュレーションを作ることもあれば、親をフライングモンキーとして味方につけようと企むこともあります。

 

 

 

 

 

そして、ここでは、『モラハラの原因は妻の不満が溜まっている、か男性が真面目』とされていますが、本当の原因は妻がナルシシスト(ナルシスト)だからです。

 

 

 

不満が溜まらなきゃモラハラはなくなるか減る…んじゃなくて相手が自分の欲を満たしてくれるなど『役に立ってくれる』場合に機嫌がよくなるだけ。真面目な男性はターゲットになりやすいと思いますが(コントロールしやすいので)真面目な男性が相手をモラハラ女にしたんじゃなくて、モラハラ女が利用しやすい真面目な男性を捕まえただけです。

 

ということで、モラハラ加害者が男でも女でもナルシシストの傾向がある(特徴を見せる)場合は、大して変わりません。

 

ただ、男性の場合は『金、権力、地位』を持つことに拘る一方、女性の場合は『自分自身の金を使うのは好まず、相手に貢がせる』傾向が強いとのこと。

 

 

物欲が強く浪費家。男性ナルシシストがlove bombingで女性を落とすのに対して、女性ナルシシストは性的魅力で男性を惹きつける傾向があるそうです。そのため、モラハラ女は外見が綺麗でスタイルが良いという人も多いとか。

 

 

 

スポンサーリンク

モラハラ女(妻)がモラハラ男(夫)よりやっかいなところ

freepik

 

モラハラ女性はモラハラ男性よりも厄介なところがあります。自分が女なので、これはわかるな~というところが正直あるんですが…。

 

まず一つ目に、女性はお話し好きでプライベートのことでも男性よりよく喋る傾向があること。友達にいろんなことを相談したり、夫の悪口も言いたい放題。つまり、周りを巻き込んで夫を悪者に仕立て上げて自分が被害者になるということがしやすいんです。(=_=)

 

 

二つ目に機嫌が悪いのを『生理中だからよ』とホルモンバランスのせいにすることもできるし、『男のくせにグチグチ言わないでさっさとやりなさいよ』と性別を利用することもできます。

 

 

男性自身も『女ってすぐヒステリックになるよな』『すぐ感情的になるから女って…』って何か平等じゃないと感じるのは女という生き物のせいだ、と思いこんだりします。

 

 

そして、多くのケースで女性が育児を優先的にしていることもあって、離婚となっても法律が女性寄りになっていると嘆くモラハラ被害者の男性の声もきいたことがあります。アメリカは共同親権ですが、日本はまだ母親が単独親権となるケースが多いので、これは日本の男性が実感しやすいかもしれないですね。ただ、アメリカの男性の場合は養育費の支払いが強制的にされることに不満を感じる人が多いので、モラハラ被害者だった場合はやっぱりつらいところじゃないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

同性でもモラハラは大嫌い

最近ではモラハラ妻が増えている…と聞きます。これってもしかしてモラハラ自体が広く認知されてきたから、男性がもしかして…と思って弁護士に相談するようになったからじゃないかなと思ったりします。

 

男性の方が声をあげることが少ないからわかりにくいだけで、モラハラ妻が増えたっていうわけじゃないんじゃないかな。

 

モラハラ女性が単に生理中で機嫌が悪い、とかいうレベルじゃなくて、今回引用させてもらった内容みたいに、相手をコントロールしたり、束縛したり、嘘をついたり、被害者ぶったり、責任をなすりつけたり、というレベルだったら完全にNPDの特徴なので、その場合、女性はナルシシストかその傾向がある人であって治ることはまずありません。

 

 

ちなみに被害者の男性の一人が、ナルシシストの妻にはこんな口癖があるって言っていました。

『あんたがちゃんと私を愛さないと、他の男たちに私を取られるわよ』

この女性はよく浮気をしたそうです。

 

 

 

モラハラ男たちに散々精神をズタズタにされてきた私ですが、モラハラする女も大嫌い。

 

 

 

女性の場合は確かに感情的になりやすいし、男性は声をあげる人が少ないから女性のモラハラってわかりにくいですが、恋愛だけじゃなくてモラハラ女性が会社の同僚や上司であることもあるし、友人や家族の場合もあるから他人事じゃありません。

 

自分には関係ないけど、明らかにナルシシスト的な行動をしている芸能人女性を見ているだけでも気分悪くなります。”(-“”-)”

 

 

男だろうが女だろうがモラハラはする方が絶対に悪いのであって、「妻の不満がたまっているから」「男性が真面目過ぎる」という第三者の分析はガスライティングそのものでもしも被害者がナルシシスト妻を持っていた場合とても危険なアドバイスです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました