仕事が続くナルシシスト(ナルシスト)と続かないナルシシストとの違い

ナルシシスト

みなさんこんにちは。アメリ子です。ナルシシスト(ナルシスト)の中には仕事がうまくいく人と失敗してばかりの人がいます。社長や管理職でオレ様ぶりを発揮する人もいるのに、同じナルシシストで逆に仕事が続かず無職のまま…なんて人もいるのはなぜなんでしょうか。

 

私が過去に付き合ったナルシシストは、仕事ができる人とできない人がいました。一人は管理職、そして二人は仕事をすぐにやめる人。

 

今日はこの仕事が続く、続かないナルシシスト(ナルシスト)の違いについてご説明します。

スポンサーリンク

ナルシシストのタイプ

ナルシシストには、外から見てすぐ「あの人ナルシストよね!」と言われがちなタイプと一見全くそうは見えないタイプがあります。

 

外から見てすぐわかるタイプ…Grandiose Narcissist【尊大型ナルシシスト】

一見全くわからないタイプ…Vulnerable Narcissist【脆弱型ナルシシスト】

 

尊大型ナルシシストはOvert Narcissistとも言われます。Overtとは明示的・あからさまな、という意味。

脆弱型ナルシシストはCovert Narcissistとも言われます。Covertとは隠れた・秘密の、という意味。

 

 

 

 

尊大型ナルシシストというのが、一般的によく知られる教科書通りのナルシシスト。日本でナルシスト、と言われる人たちですね。いつも自分の見た目を気にしてたり、オレの話聞いてよ!と自慢話を繰り広げ、人脈や高級時計、オシャレな自宅などを見せびらかしたがる「はいはい、わかりました。」と言いたくなる人たち。

 

 

一方で脆弱型ナルシシストは、一見大人しくて優しそうな”ナルシシストなんて全く想像できない”タイプ。この人たちは、ネガティブで時にうつ病を患っていることもあります。付き合って少ししたら「なんかこの人ネガティブだな…」と気づく感じです。

 

 

ところが、この全く異なるタイプのどちらもがナルシシスト。意外に思えるのは、私たちにとってナルシシスト(ナルシスト)といえば尊大型のタイプのイメージしかないからだと思います。

 

 

ただ、この尊大型、脆弱型、は「どっちかですよ」というタイプではなく、どっちかが強く表れているだけで、特定の状況で尊大型が脆弱型、脆弱型が尊大型の特徴を見せることがあります。

同じコインの裏表というだけ。

 

 

私は両方のタイプのナルシシストと付き合って(結婚して)いたので、コインが裏返る瞬間も見ましたが、この両方に共通しているのは、「彼らはとても傷つきやすい人間である」ということ。

 

尊大型はそんな風に見えないかもしれないですが、実はガラスの心の持ち主です。

 

 

スポンサーリンク

仕事ができる尊大型ナルシシスト

仕事で成功を収めるのは尊大型ナルシシストです。売れっ子芸能人、歌手、著名人、社長…、、、お金、権力、人脈、など多くの人が欲しがるものを持ち合わせています。

 

この人たちはそれは魅力的で、人を惹きつけるのでモテます。

 

 

話もスケールが大きくて聞いたこともないことだったり、「え!そんな人と繋がってるの?」という人脈があるので、相手を落とすのも簡単。

 

 

お金もあって相手の望みを叶えやすいため、この人たちのターゲットになった場合始めは「ラッキー!!」と玉の輿に乗った、幸運が舞い降りた、と思います。

 

 

 

そしてその後何が起きるか…尊大型ナルシシストの場合は、機嫌がいいときにはものすごく素敵な体験をさせてもらえます。欲しかったものを買ってもらったり、バケーションに連れて行ってもらえたり、凄い人に会わせてもらえたり、友達に自慢したくなるような生活で、他人からは「いいな~」と羨ましがられます。

 

image

 

ただ、機嫌が悪い時は最悪です。怒りの矛先は家族などのターゲットに向かいます。「私、何もしてないよね?」と思っても、家族はナルシシストのサンドバッグになるため、暴言や無視、ガスライティング、最悪暴力を振るわれることもあります。

 

 

 

あまりにもいい時と悪い時が違うので、周りはナルシシストのご機嫌を伺いながら毎日を過ごし、機嫌いい時のご褒美が忘れられないため、モラハラを我慢してしまい、長く過ごした結果精神的にボロボロになります。

 

 

スポンサーリンク

仕事ができないナルシシスト

一方で仕事が続かないのが脆弱型のナルシシストです。仕事だけじゃなく、人間関係もうまく築けないので、仕事に就いても「アイツとは合わない」と言ってはすぐやめてしまいます。

 

image

 

 

この人たちは「オレは本当はスペック高いのに、あの社長はオレの能力をわかってない」と思っています。

自分の能力を過信していますが、実際にはそこまでの能力がないので、評価されません。

でもそのことを認めたくないのがナルシシスト。

「なんでみんなオレの能力がわからないんだ」と言っては他人のせいにします。

 

 

 

また、中には『どうせ俺なんて一生いい車になんか乗れないんだ』というナルシシストもいます。

 

 

このネガティブモードの時は「被害者」になりきってますので、周りが「そんなことないわよ!私が仕事探してあげるから!」とか「資格とってみたら?学費は私が貸してあげるから!」とか言って助けてくれることがあります。

 

 

たいてい付き合ってる相手か妻や夫など家族が助け舟を出しますが、当の本人はそれをいいことに相手を利用するだけです。

 

 

紹介してもらった仕事を始めたがうまくいかなかったら、「あの上司は人間的に問題がある」「お前が変な仕事紹介するから!」と紹介した人や会社の人のせいにします。

 

 

資格のためのお金を貸したのに、その後返してくれない、途中でやめた、そもそも言い訳しては勉強しようとしない…なんてなることもあります。

 

結果、ナルシシストを助けようと思ってした行動で、私たち自身が評判を落としかねないのです。

 

 

この人たちの特徴は、「能力が低いのに謙虚でないため仕事がうまくいかない」「失敗してもすぐ人のせいにするので人間関係がうまくいかずやめる」などネガティブループから抜け出せずにいることです。

 

 

スポンサーリンク

尊大型・脆弱型ナルシシストが変わる時

 

 

 

じゃあ、尊大型ナルシシストはずっと仕事がうまくいき、脆弱型ナルシシストはいつまでも仕事が続かないのか、というとそうでもありません。

 

 

 

ナルシシストは、自らの目的のために他人を利用する人です。人の気持ちを考えず、人や会話を操って生きています。自分は特別で能力の高い人間と思い込んでいるため、自分より劣ると考える人たちをぞんざいに扱います。

 

 

 

仕事で大成功した尊大型ナルシシストの中には、そのまま成功を収めて幸せに生きる人もいます。が、他人を陥れたり法を犯してでも成功を収めたりしてきたナルシシストたちは自らの行動によって財政的困難に陥ったり、会社が訴えられたりとトラブルに巻き込まれることも多いのです。

 

 

 

芸能人が薬物で捕まって今まで築き上げた名声を失うなど天国から地獄に落ちるパターンもその一つ。

 

 

不倫が原因で仕事がなくなった、という芸能人も過去にたくさんいますよね。

権力のある人には媚びへつらうが、スタッフなど自分より低い立場と思っている人たちには威張り散らしている人とかが、窮地に陥ったら誰にも助けてもらえないというケースです。

 

 

 

反対に仕事がうまくいかない脆弱型ナルシシストの中にも、たまたま調子よく成績を挙げたり評価されたりすることもあります。そうなると今度は彼らは「ほらみろ、やっぱり俺はスキルが高い」と天狗になります。この瞬間が脆弱型が尊大型のナルシシストのようになるときです。

 

 

 

私の元夫は脆弱型ナルシシストで、今は仕事が全然続きませんが、過去は軍隊に20年間いて同僚よりもたくさんのメダルを獲得してきました。部下もたくさんいて「教える」立場にいたそうです。

この人は尊大型から脆弱型の様子を見せているパターン。

 

 

そして、こっちの人は、無職の嘘つきから超一流企業の管理職と、脆弱型から尊大型のナルシシストになっているパターンです。⇩

 

スポンサーリンク

まとめ

なぜ仕事ができるナルシシスト(ナルシスト)と仕事が全然できないナルシシスト(ナルシスト)がいるかというと、尊大型と脆弱型の違いです。

 

脆弱型にはうつ病傾向の人もいてネガティブ思考です。能力が低いのに、努力する代わりに他人を利用するか他人のせいにするため人間関係もうまくいきません。

 

ただし、そんな脆弱型もたまたま仕事が成功した、という時が訪れたりします。そんなときには尊大型のように、「オレはすごいだろ」という態度になります。

 

尊大型は仕事で成功をおさめて人脈も権力も金も地位も手に入れることがあります。ただし、人を利用したり法を犯したりすることで一気に転落人生になることもあります。そんなとき彼らは、脆弱型のようにネガティブになり今までの自信たっぷりな態度と違って激しく落ち込むのです。

 

 

こんな風に真逆の様子を見せるナルシシスト(ナルシスト)たちですが、どっちにしても周りが大変なことは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました