モラハラ男ナルシストの味方をするフライングモンキーって?対処法は?

ナルシシスト

みなさんこんにちは、アメリ子です。きのう、モラハラ元夫が夢に出てきました。その夢から覚めたあと、私は思い出していました。元夫の味方をする人たちのことを…。

 

みなさんは、モラハラ男にされた意地悪を伝えた時に「あの人は過去に辛い経験をしてるからしょうがないのよ」

 

とか、モラハラ上司のことを同僚に話したら「え?どうしてそんなこと言うの?あの人皆を笑わせてくれるし残業してるとコーヒー買ってくれたりするのに…」

 

とか、モラハラ男をかばう人に出会ったことはありませんか?

 

その時本人は必ずしもモラハラ男をかばうつもりで言っているわけではありません。

 

ところが、モラハラ男ナルシシスト(ナルシスト)と付き合っているとこういった人が必ず出てきます。

今日はそんなモラハラ加害者の味方をするフライングモンキーについてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

奇妙な夢

まずフライングモンキーのことについてご説明する前に、それを思い出させた私の夢の内容もお伝えしようと思います。(時間のない方は飛ばして次の項目をご覧ください)

 

 

橋の上に10数人の人たちがランダムに立っているシーンから始まりました。

 

何かを待っているように雑談しながら立っている人々。

私がその橋への階段を登りきると、そこには見慣れた顔がありました。

 

 

それは元夫オリバー。

 

 

彼は橋の欄干に1人もたれかかって黙ってどこかを見つめていました。

 

するとそこになぜか赤ちゃんが一人でハイハイしてやってきました。

 

赤ちゃんの周りに両親はいません。

 

そして赤ちゃんはオリバーのすぐ隣で橋の欄干を登り始めました。

 

 

 

「危ない…!」

 

 

 

あっという間に登ってしまった赤ちゃんに手を伸ばした私。その瞬間になってやっと赤ちゃんの存在に気づいたオリバー。

 

 

橋は10mくらいの高さで下はコンクリートです。落ちたら命はない…、もうだめだ間に合わない…

 

 

 

と思った瞬間、大男のオリバーがスーパーマンのように欄干を飛び越えて空中で赤ちゃんを抱きしめ、そのまま10m下の地面に丸まった状態でドーンと落ちたのです。

 

 

 

周りの人たちが悲鳴をあげ、私は恐怖で震え、その場の全員がパニックになっている中、救急に電話をした私。

 

 

「救急です、どうしました?」

「私の元夫が橋の上から赤ちゃんを抱えたまま落ちたんです!!」

 

 

泣きながら震える声で伝えた私。

 

 

 

皆がざわざわ騒いで「大丈夫か!」と言う中、オリバーはすっくと立ちあがり、「赤ちゃんは無事だ」と言い親の元へ赤ちゃんを運んでいきました。

 

そしてオリバー自身も全くケガをしていませんでした。

 

 

オリバーはその場にいた人たちからヒーローとして感謝され、称賛を浴びていました。

 

 

 

 

この時、正直に言うと私にはオリバーはきっと複雑骨折とかしているに違いないし、それも人をイジメ続けた罰だわ…という気持ちが一瞬よぎっていました。

 

 

救急に電話しながら橋の階段を駆け下りていた私は、彼が全くケガもなく生きていたことをその時は知らず、騒動が収まった後に知ったのです。

 

 

電話を持ったまま橋を降りた時、橋の下にあったジムの中に入っていったオリバーを発見した私。

彼に思わず声をかけました。

 

「大丈夫!!!?」

 

数回大声を出した私を無視してジムの中に入り、ウェイトリフティングを始めたオリバー。

 

もしかして無視されたかな…と思った私は、扉のないジムの中にいる彼にもう一度「大丈夫!?」と何回か叫びました。

 

 

するとオリバーは、聞こえてるぜ、という顔をしてこっちを向き、何も言わないままニヤリと不気味な笑顔を浮かべました。

 

 

オリバーは突然ものすごくムキムキになっていて、その筋肉を自慢するように私に力こぶをつくって再び不気味な笑顔を浮かべました。

 

 

 

 

次に私は大学の授業に参加していました。

私の席は一番後ろ。

さっきの橋から落下したオリバーと赤ちゃんの件で疲れていた私は居眠りしていました。

 

 

 

授業はアート。途中でハッとして起きた私は、周りをキョロキョロ見回し、「ヤバい!授業に遅れる!」と隣の女の子に「え!今何やってたの?」と聞きました。

 

 

「この塗り絵を完成させちゃったら次のことやるんだって」

 

 

大きな塗り絵をしていた彼女を見て同じ絵柄をもらいに先生のところにいくと、他にも生徒が並んでいました。

 

しばらく待ってやっと先生のところにつくと「あっちでもらってきなさい」と違う場所を指定されたので、その指定された場所にいた男の人に声を掛けました。

 

「あの塗り絵の紙ください!!」

 

すると男の人は意地悪そうに言いました。

 

 

「もうしまっちゃったから嫌だよ。鍵かけちゃったし。あっちで買ってきな、同じもの売ってるから!」

 

 

無料でもらえるものを買わなくちゃいけないのは居眠りしてたから仕方ないとはいえ、たらい回しにされ焦りが募る私。

 

 

今度は女の人のところへ行き、塗り絵を用意してもらうと、女の人は言いました。

「その塗り絵、おまけがついてるからあげるわよ、待ってて」

 

 

ところがそのおまけを用意するのに手間取る女性。私の後ろには長い行列ができ、その人たちは「遅い」と言って立ち去ってきました。

 

 

なぜか可愛く包装された塗り絵とおまけを握りしめてレジに行くと、男の人が言いました。

「そんなん買わなくてもあそこにまだ置いてあるよ。もったいないから探してきなよ」

 

 

いや、ここまでめっちゃ時間かかりましたから…と思いながらも、あそこにある、と指をさされたので「ちょっと見てきます!」と言って教室内を探しに行った私。

 

 

ところが、塗り絵はみんな新しい物に差し替えられていて、もう同じものはなくなっていました。

 

 

レジに戻ると男の人は言いました。

 

 

「え、もうそっちで見つけたと思ったから塗り絵は返却しておいたよ」

 

 

「ええっ!!Σ(゚Д゚)」

 

 

ハァハァゼイゼイ(*´Д`)して、呼吸が浅くなったところで起きたのでした。

 

スポンサーリンク

フライングモンキー

なぜこの夢が私に元夫の味方をする発言をする人たちを思い出させたのか、というと、この「ヒーロー」になりきるオリバーと、彼をヒーローと信じる周りの人たち、そして彼のヒーローでない裏の顔を知る私に降りかかる災難…まさしく私の過去の体験そのもの、そして今回のテーマのフライングモンキーに似ていたからです。

 

 

ナルシシストの言葉を代弁したり、彼らに変わって被害者の悪口を言う人たちのことを
「フライングモンキー」と言います。

 

サイコパスに代わって行動する人々のこともフライングモンキーと言います。

 

このフライングモンキーは、友人、子供、兄弟姉妹、隣人、いとこ、配偶者など誰でもなり得ます。

 

どうしてなるのか、というとナルシシストの偽の人物像を信じてしまっているからです。

 

 

フライングモンキーとは、オズの魔法使いに出てくる、魔女の代わりに悪行をおこなう羽の生えた猿、フライングモンキーからきています。
つまり、悪の手下、ここではナルシシストの子分のような存在です。

 

 

ただし、被害者にとってこのフライングモンキーもナルシシストに見えますが、この人たちの多くはナルシシストに訓練された(心理的に操作された)人たちのため、始めから被害者を陥れようとそういった行動しているというわけではありません。

 

 

 

フライングモンキーはナルシシストのイネーブラーです。
イネーブラーとは相手のためにならないこと(問題行動)を相手を助けるつもりでやる人たちのこと。例えばアルコール依存症の夫が「飲んでない」と言っているが、空のビール瓶を見つけてしまったという時にそれを指摘する代わりに見て見ぬふりをする、などです。

 

 

ナルシシストは人から評価されたり褒められたりしたいため外面がとても良く、中には良い人だと思われるためにボランティア活動をしたことをアピールする人もいます。

 

この時のボランティア活動は自分の評価をあげるため、なのでこっそりやるのではなく人にアピールする、というところがナルシシストの特徴です。

 

そうしてナルシシストの演じる良い人という姿を信じた人たちはフライングモンキーとなってモラハラ男ナルシシストの被害者を追い詰める存在となります。

 

スポンサーリンク

フライングモンキーは何をする?

フライングモンキーは時にとても恐ろしい存在になります。

 

私たちの評判を落としたり、仕事を奪ったり、精神的に追い詰めたりします。職場でも家族間でも、友人からでもどの状況でもナルシシストとの共通の友人が増えるほどこのフライングモンキーが増える可能性があります。

 

例えば「考え過ぎよ」「あの人そんなに悪い人じゃないよ」と言われることだけでも辛いですが、最悪な場合、ナルシシスト本人に代わってこのフライングモンキーたちがナルシシスト被害者を訴えたり、悪い評判をばらまいたりして被害者の評判を落としたり、人生のどん底に突き落としたりします。

 

具体例

具体的には何をするのか…というと、

 

1 私たちの行動をチェック
ナルシシストと別れた私たちの行動を彼に変わってチェックします。Facebookで繋がっている場合は要注意。ここから最近の私たちの交友関係や仕事などの情報を探り、ナルシシストに伝えます。

 

2 私たちを誹謗中傷する

ナルシシストから吹き込まれた私たちの悪口を他の人に言いふらしたり、私たちを直接批判します。私たちが言ったこと、したこと、など自分が被害者になるように事実がねじ曲がっていることも多々あります。

この時、ナルシシストが悪口を言う相手は友人や自分サイドの人たちだけでなく、自分を信じる私たちの家族や知り合いであることもあります。

 

3 集団で私たちを説き伏せる

 

フライングモンキーがグループになって私たちにナルシシストが望む行動をとるように勧めます。こうした方がいいと説得しようとしたり、ナルシシストは悪くないと言い聞かせようとします。
例えば親がナルシシストで、兄弟姉妹がフライングモンキーの場合、ナルシシストのターゲットになった自分に対して兄弟姉妹が「お父さんはおまえの学費を払ってくれてるじゃないか、そんなこと言うなんてダメだよ」「親にそんな態度を取るのはダメ!今まであんたを育ててきてるんだから感謝しなよ」などと私たちの行動を正そうとします。
職場の場合は、同僚などがナルシシストの上司の味方をし、私たちに「あの人冗談言ってるだけよ」「難しく考えすぎ」「あなたが昇進できないのは努力が足りないから」などとグループでナルシシストの味方をします。

 

 

自分が信頼していた相手、友達だと思っていた人たち、よき理解者だと思っていた同僚、などがフライングモンキーとなった場合の精神的ダメージは大きいです。

 

自分を理解してくれる人はもういなくなった…という孤独感にさいなまれてしまいます。

 

 

実際に私は家族や親しい友人のいない渡米したばかりのアメリカでナルシシストによるモラハラにあい、相談していた彼の親族の女性が、最後にはフライングモンキーとなっていったことで「誰にも理解してもらえない…」という孤独感に襲われたことがあります。

 

スポンサーリンク

モラハラ男ナルシシストがフライングモンキーを生み出す方法

ナルシシストがフライングモンキーを生み出す方法は、私たちに使ったあらゆる心理テクニックと同じです。ナルシシストは被害者になりきるのがとても得意です。自分は被害者、私たちは加害者、というシナリオを作り、それを共通の友人や家族などにバラまくのです。

 

 

この、ナルシシストが私たちの誹謗中傷をいいふらすことをsmear campaign(誹謗中傷キャンペーン)と言います。

 

 

これもあるからこそ、私たちはナルシシストに彼らと同じレベルで言い返したり、暴言を吐き返したりしてはいけないのです。証拠付きで誹謗中傷キャンペーンをされたら、相手は簡単にフライングモンキーと化します。

 

 

逆にナルシシストが私たちをフライングモンキーにしようと同じテクニックを使うことがあります。

 

私の実例で言うと、元夫オリバーが、彼の元同僚と仲良く話していた私に対して、「アイツは良い奴だけど実は浮気をしていて…」、とあーだのこーだ悪口を言い始めたことがありました。この元同僚の男性は、オリバーの所有物件を借りてくれていた人。そしてオリバーと私はずっと険悪な仲だったため、私はオリバーと他人の悪口を言い合う仲じゃありません。そんな私に対して、わざわざ元同僚の悪口を言い、彼のイメージを落とそうとしてきたのです。

 

 

私はオリバーの陰険な性格を知っているので、フライングモンキーにはなりませんでしたが、彼の話に「そうなの!?」と一瞬思ってしまったのも事実。こうやっていとも簡単に他人の印象を操作できてしまいます。

 

 

これが尊大型ナルシシストのようなカリスマ性があったり、有名人だったり、社長だった場合はとっても簡単にフライングモンキーを作り出せるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

危険なタイミング

このフライングモンキーが生まれるタイミングは別れる時ですが、夫婦の場合は離婚のタイミングがとくに危険です。

モラハラ男ナルシシストは離婚を有利にすすめたい、自分のイメージを壊したくない、といった目的で誹謗中傷キャンペーンを行います。

 

 

自分が良い人に見られたいというのは彼らの人生の目的でもあるため、こういった別れのタイミングで自分のイメージが悪くなることを避けるためにフライングモンキーはなくてはならない道具なのです。

 

 

パートナー間ではなく、会社の上司の場合、

 

モラハラに遭っていた女性が会社にそのことを報告したとき、今まで味方だと思っていた同僚たちがフライングモンキーとなりモラハラ上司側についてしまいました。女性は会社内で孤立しただけでなく、報告された会社側はモラハラ上司のことを調査するのではなく、女性の過去の職歴などを調べたということが実際にあったそうです。

 

 

モラハラ上司が周りのみんなを自分の味方につけるように得意な心理テクニックを使ったためです。フライングモンキーたちが彼女を気難しい女性に仕立てたようです。

 

 

こういう、「自分に災難が降りかかりそうになった時」にもフライングモンキーが誕生する可能性があります。
スポンサーリンク

フライングモンキーへの対処法

 

まず、やってはいけないこと

フライングモンキーに対してやってはいけないことは、彼らに対して自分の正当性を主張することです。

 

 

 

フライングモンキーは既にナルシシストから自分サイドの都合の良い話をインプットされて信じ込んでいる人たちです。この人たちがもしも対等な立場に立って本当はどうなの、という真実を突き止めるつもりなら、ナルシシストからの話を聞いた後に私たちの話を聞きに来るはずです。

 

 

それをしていない時点で、もう既に私たち側の話を聞く姿勢はほぼないため、私たちが自分側の状況を必死で説明しようが彼らの考えを変えるのは難しいのです。

 

 

 

シーン別対処法

1 行動をチェックしてくる場合

ナルシシストと別れた後、自分の行動をチェックされるのを防ぐためにSNSをプライベート設定にします。危ないのはフェイスブック。偽アカウントを作ってナルシシスト本人が友達申請してくることもあれば、謎の人物から友達申請があることもあります。

これはナルシシストと別れた後、何年か経ってからもスパイされる可能性があります。知らない人からの申請はできるだけ受けないのが良いかもしれません。

 

 

2 誹謗中傷してくる場合

ナルシシストに吹き込まれた悪人像の私たちを信じ、私たちに直接攻撃してくるフライングモンキーに対しては彼らが「アレ?この人実はいい人なのかも…?」と思うような態度を示します。

自分に対する悪口には反応せず、ナルシシストの幸せを願ってます、といったメッセージで返すということです。

フライングモンキーは始めから私たちを虐待しようとしていたのではなく、ナルシシストの誹謗中傷キャンペーンによって催眠術にかけられた状態なだけなので、私たちの態度によってはその催眠が溶けるかもしれません。

しつこく誹謗中傷してくる相手は完全に無視、そしてブロックします。

 

 

3 集団で何か言ってくる場合

できるだけフライングモンキーたちと離れるのが一番ですが、どうしてもそれができない場合には、話に巻き込まれないようにします。感情的に反応しないようにする、というのがポイントです。

 

話さなくてはいけない状況になった場合は、なぜあなたはそう思うんですかという理由を聞き出します。なぜならナルシシスト側から聞いた一方的な事実かどうかもわからない話を信じていることがあるので、本人がどういった事実をもとにそう発言しているのかを聞き出す、ということです。

 

この時の狙いは、フライングモンキーに対して「自分は事実かどうかよくわからない話を信じてこの人にアドバイスしてる。この人側の話は聞いたことなかったわ」と気づかせることなので、自己防衛はせず、相手の考えの元となる事実を探るだけです。自分で催眠から目覚めてもらえたら成功です。

 

 

 

いろいろ頑張ってもどうしようもない状況だった場合は、ナルシシストとフライングモンキーについて理解するカウンセラーやセラピストに相談するのが良いと思います。
スポンサーリンク

フライングモンキーが謝ってきた場合

フライングモンキーたちは、ほとんどがナルシシストによってマインドコントロールされている人たちです。

 

ナルシシストはこの人たちを「友人だから」「信頼してるから」と言った理由で私たちの悪口を言いふらすのではなく、単に自分のために利用しているだけです。

 

そのため、もしも必要がなくなれば、道具であるフライングモンキーのことも捨てる(裏切る)ことがあります。
そのとき、催眠術から溶けたようにフライングモンキーがナルシシストの正体を知って私たちに謝ってくることがあります。

 

 

そういった人たちを許すかどうかは私たち次第。

 

私なら、フライングモンキーの程度やその人との関係によっては許すかもしれませんが、もしも自分が一番つらい時に自分を追い詰めてきた相手だったら二度と連絡しません。

 

どっちにしても一度裏切った相手をまた信用する、というのは難しいので疎遠になるだろうなと思います。

 

 

スポンサーリンク

フライングモンキーを避けるには

ナルシシストと付き合ってしまった場合は、確実にフライングモンキーに傷つけられる可能性が出てしまいます。
ナルシシストが脆弱型ナルシシストで、もともと暗いイメージしかない、とかこの人よくわからない、というレベルならフライングモンキーもそこまでの脅威にはならないかもしれません。

 

でも、私の経験上思うことは、ナルシシストと長く付き合う程危険が高まる、ということです。

 

その理由の一つに、ナルシシストと一緒にいるということは、自分の弱みを握られたり自分がナルシシストに言ってしまったことやしてしまったことなどの誹謗中傷キャンペーンのネタが増えることに繋がるからです。

 

 

もう一つは、共通の友人や知り合いが増えるということです。そういった人たちがどんどんフライングモンキー候補となっていく可能性があります。

 

 

また、家族がナルシシストの心理的操作によって彼らの味方になっていく…などの危険もあります。

 

 

そういった意味でフライングモンキーと化す人を減らす、または脅威を最小限にするためには、ナルシシストと気づいたらなるべく早く離れるというのが良いということになります。

 

 

もしも自分が信用している人がフライングモンキーと化した場合のショックはかなり大きいです。本人は本気でナルシシストの被った化けの皮の姿を信じているのでどうしようもありません。

 

そして、モラハラ男であるナルシシストは、一緒にいる時はそこまであくどいようには見えないのに別れるととんでもない悪党になるケースもあります。

 

 

それは、相手への復讐やお仕置きの意味、そして自分のサプライにならないならどうでもいいという共感のなさもあり、相手をめちゃくちゃにしてやろうという悪意に満ちているからです。

 

 

スポンサーリンク

大事なこと

自分がフライングモンキーの被害にあった方はわかると思いますが、これは学校でいじめにあっているかのように被害者を精神的に追い詰める悪質な行為となってしまいます。

 

だからこそ、逆に自分自身もフライングモンキーにならないように気をつけたいですよね。いじめられたくないからいじめる側につく、のではなく、真実を知ろうと努力することが大事です。

 

誰かから聞いた噂話をそのまま信じて判断するんじゃなく、相手側の話も聞いたうえで判断しなければ、もしかすると真実は違うのに事実無根の話で誰かを精神的に虐待してしまうかもしれません。

 

 

 

もしも普段から、他人から聞いたゴシップを鵜呑みにせず両方の立場に立って判断している人だったら、いざ自分がナルシシストのターゲットになったときにフライングモンキーにさせられそうになった人たちがそうなるのを避けることができるかもしれません。

 

「あの人、そんなことする人じゃないよな…」と思われるような行動が身を守ることになるかも、っていうことです。

 

 

フライングモンキーはナルシシストを信用し、ナルシシストに操られている人たちです。私たちの言うことは信用してもらえない可能性があります。

 

 

もしも別れた、離婚した、というタイミングでこういった人たちが出てきてしまった場合は、ナルシシスト本人と同様に彼らもブロックするのが良いです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました