衝撃!ナルシストが語る、彼らの言葉の本当の意味

ナルシシスト

みなさんこんにちは。ここ数日、ナルシシストたちについてさらに学んでいました。その中で知ったのが、どれだけモラハラ男であっても、何回嘘をつかれても、彼らを信じてしまう人がやっぱりいるということでした。

私はナルシシストとわかったら一刻も早く離れるべきだと思っていますが、それは、彼らが私たちのことを愛してもないし利用できる道具としてしか見ていないことを知ったからです。当然何かしてあげても感謝なんてしていません。

 

そうはいっても「愛してる」そぶりを見せる彼らが私たちのことを愛してないなんてなかなか信じられないですよね。

 

「たまたま機嫌が悪い日だっただけ…」「始めは優しかったし、そういうところもある人なの」

 

という認知的不協和やトラウマボンドが起きてたり、自分をガスライティングし始めたり…彼らと一緒にいるとメンタルが崩壊していくので、まともに考えるということが難しくなってしまったりします。

 

でも実際のところ、モラハラ男のナルシシストの言葉の裏にはどんな心理が隠れているのか気になりませんか?

 

それが気になる方のために、ナルシシスト本人が説明してくれている「ナルシシスト語」の翻訳をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ナルシシストの言葉は言葉通りではない

以前の記事、ナルシシスト本人が語るメールでモラハラする手口を読んでくださった方は、きっと彼らの心の闇をなんとなく理解できているんじゃないかと思います。

このナルシシストは実際にNPDと診断されている正真正銘のナルシシストで、サイコパスでもあります。

そして今回もこの人(X)によるナルシシスト語の解説です。

 

 

Xが発信するセリフや発信するもの全て、まさにナルシシストそのもの。言葉の選び方も、相手にわかりやすいように、というよりはカッコつけている感じを受けます。多分ずっと見ていると彼から高価な商品を買っちゃうんじゃないかと思います。いろんなとこでマネタイズしていて、誘導も上手なので、ナルシシスト撲滅したい私としてはおススメはしたくない人です。苦笑。

 

 

実際に彼のことを褒めている被害者たちもいるので、やっぱりナルシシストって人を操るの上手いよな~と思います。

サイコパスなんだから何もかも嘘かもしれない…という可能性もありますが、もしナルシシストになりきって金儲けしてるならナルシシストやサイコパスの可能性があるので(笑)、とりあえずナルシシストなのは診断もあるし間違いありません。ちなみに家族にもナルシシストがいるとのこと。

 

 

Xによると、彼らがよく使う言葉には裏の意味があります。

 

 

ナルシシストたちは「相手をコントロールすること」を目的としているので、普通に聞こえる言葉をそのままとっちゃいけないのは間違いありません。

 

 

でも、じゃあ何考えてるの?たぶんこうだよね?という予想だとモヤモヤしますよね。

そこで、実例だと以下のようになるのだそうです。

 

 

スポンサーリンク

ナルシシストの言葉の本当の意味

もしもナルシシスト(左)がこう言ったら、その時の本心はこう(右)です。

 

 

愛してるよ♪

 

 

この言葉は反応を引き出せるって聞いたんだ。いつもおまえが聞きたがってる言葉だろ

 

 

 

愛してる、と言うのは、相手が聞きたがってる言葉だと知っているから言うだけです。ナルシシストたちは共感しないため、相手の感情をいろいろなところから学んで真似したりしています。

 

 

 

ナルシシスト母:
どうしてるか気になったから電話してみようと思ってね。(成人した我が子に対して)

 

 

 

あんたは私に十分なサプライを与えてこない。恩知らずの息子/娘ね。産んだこと後悔してるわ。

 

 

サプライを与えるとは、称賛や評価をしたり、支配欲などを満たすための感情的なエネルギーを与えたりすること。お母さまを第一に考え、女王様扱いしないことに対しての不満らしいです。

 

 

 

来週僕の誕生日だろ、なんか計画してくれてたりするのかな?

 

 

 

オレ様が主役になれるような豪華で壮大なイベントを期待してるからな。もしそういう計画してないならおまえは残酷で思いやりのない奴だ。まぁいつもそう思ってるが。

 

 

 

 

ナルシシストはどんな時も自分が中心で、注目を浴びていたい人間。構ってもらい褒めてもらい祝ってもらいたいので、自分の誕生日は何かしら期待しています。一方で主役の座を取られる相手の誕生日は全く関心がなく、むしろぶち壊してやろうと考えています。

 

 

 

 

 

君を誇りに思うよ

 

 

 

オレが認めたことをやったことに対してな。これでオレが称賛をうけることができるぜ。

 

 

 

ナルシシストは他人の手柄を嫌います。逆に自分のためになるようなことであれば喜びます。ナルシシストの親の場合、子供が一番を取ることで自分が褒められるということに対して「よくやったね」と褒めたりします。

 

 

 

 

若い頃はチャレンジ精神旺盛だったよな

 

 

 

 

オレの冷静なコントロールに対抗してくるかと思ったら、最後にはオレにぶち壊されてやがる。

 

 

 

ナルシシストはよくケンカを売ってきますが、それに乗らないと乗らせようとしていろんなことを言ったりしたりします。そこでついつい乗ってしまって感情的になったら彼らの思うつぼです。相手を精神的にボロボロにしたら、勝ったと大喜びします。

 

 

 

 

ポールおじさんが亡くなったっていう悲しいニュースを聞いたよね?

 

 

訃報!葬式!?オレ様が支配できる最高の舞台だぜ。親戚一同からエネルギーを吸い取ってやるぜ。

 

 

共感しないナルシシストが他人の死に対して心を動かされ、本気で泣くなんてことはありません。サイコパスはそういった感情(なぜ悲しいのか)が全くわかりません。パートナーの家族が亡くなっても気を遣うこともなく、自分の予定を最優先したり、自分の都合にパートナーを合わせようとしたりします。

私の元夫も死に対して普通とは違う考え方のようでした。

 

 

 

 

おまえを助けてやろうと思ってるんだぜ

 

おまえをコントロールしようとしてるんだ。邪魔するな。

 

 

ナルシシストは頼んでもいないのに勝手にしゃしゃり出てきて手伝ってくることがあります。こうしておいて後から「あの時手伝ってやった」と言ったりします。このセリフのいい例は私の夫が昔、私のスマホの動きが鈍くなった時、アップデートしてやると言って勝手にスマホを持っていき、そこから私の写真などを「バックアップ」目的でコピーしたこと。他に、車に詳しくないからと勝手に私の車をいじったりしていたこともあります。

 

この時、Xの解説のとおり、コントロールが目的です。

 

 

私のデータを盗むことや、相手のものでも自分が操作することでお前のものはオレの物、という態度を見せつける目的です。

 

 

 

このとき、パソコン、スマホ、車などの電子機器系をナルシシストに触らせるのはとても危険なので絶対に避けた方がいいです。

こっそりデータを盗む、スパイアプリを入れる、GPSをつける、などしています。一度でも触られたことがあれば、すぐチェックしたりパスワードを全て変えるのをお勧めします。

 

 

 

オレは今までおまえをたくさん助けてきただろ。ただお礼くらい言って欲しいんだ。

 

 

 

おまえのためにいろいろしてやった、オレにエネルギーをよこせ

 

上の例の続きのようですが、コントロール目的で勝手に「手伝ったり」しては、相手から「助かったわ」「やっぱりパソコン系は詳しいのね」とほめてもらったり、sexを迫ったりします。勝手に売った恩(しかも自分のため)で相手から更なるエネルギーを吸い取ろうとします。

 

 

 

冗談だぜ、真剣に受け止めんなよ

 

 

冗談なんかじゃないぜ。クソ、見破られたか。なんとかして責任逃れないとな。

 

 

これはガスライティングでナルシシストがよく使うセリフです。「おまえはホント繊細だな」「もっと強くなれよ」「もっと柔軟になれよ」「真面目すぎんだよな~」とかなんだかんだ言ってきます。

 

自分の責任で相手が迷惑をこうむった時なんかにこういうセリフを言ったりします。そのとき彼らはわざと相手の評判を落とすような行動を起こしているわけですが、それに私たちが気づいた場合に「冗談だぜ」と言って責任を逃れようとします。

 

 

 

 

 

おまえが生まれたのはアクシデントだったんだ。(子供に対して)

 

 

お~泣け泣け!オレ様がパワフルに感じるようにな。

 

 

こういうセリフを子供に対して言ってしまう可能性があるんですね。完全に子供へのモラハラ。これは怖いです。次回ナルシシストから子供を守る方法について書いておこうと思っていますが、こういう時こそ私たちが子供に寄り添ってあげる必要がありますよね。

 

 

 

あなたのお父さんと話し合って決めたんだけどね…

 

 

私が決めたんだけど…

 

 

いざとなったら相手に責任を押し付けられるようにこういう保険をかけておくのがナルシシスト。嘘はいずれバレるので子供の不信感に繋がります。自分も絶対やらないようにしたいですね。

 

 

 

 

わたし、あなたにとっても期待してるのよ。(子供に)

 

 

あんた私の思い通りに全然できてないじゃない

 

 

子供に良いパフォーマンスを出せとプレッシャーを与えているセリフ。子供はママやパパが期待してくれてると思って頑張りますが、良い結果が出た時だけ褒めてくれ、そうじゃない場合は無視されるパターンになります。

 

 

 

 

そんなこと起きたこと(したこと・言ったこと)ないぜ。

 

 

 

もちろん起きてる(した・言った)が、おまえはオレにたてつく権利はないからな。

 

 

これもガスライティングでものすごく使われる言葉です。浮気なんてしたことない、そんなイベント行ったことない、あの子に会ったことない、と言った感じでありとあらゆることを状況に合わせて嘘つきます。

 

 

 

 

おまえが家を出ていくなんて思わなかった。

 

 

 

オレ様のコントロールから逃れようとするなよ

 

 

別れの時に相手を引き留めようとして言ったりします。別れのタイミングは、ナルシシストが泣いたり怒ったり叫んだりととてもドラマチックでめんどくさいことになるとき。自分のコントロール下から逃れようとすることは絶対に許さないナルシシスト。

 

 

おまえは小さい頃はこんな風じゃなかったのに…(大人になった子供に対して)

 

 

当時はもっとコントロールが楽勝だったのにな。

 

 

ナルシシストの中には子供が小さい頃にはよく可愛がる人が結構います。これは子供たちが自分の言うことを聞いてくれるから。子供たちは他に方法がないので親の言うことを聞くしかなく、ナルシシストにとってとてもコントロールしやすい存在。子供たちが自分の意見を持ち始めるようになると態度が変わり始めるというパターンが多いようです。

 

 

 

おまえのことなんか愛してないぜ

 

 

 

おまえなんぞ愛してない。ってゆうか愛したことなんか一度もないけどな。

 

 

 

はい…。これがナルシシストの本心なのです。彼らのため…、、愛してくれてるから…、、変わってくれる…、、そんなことは考えるだけ、願うだけ時間の無駄です。

本心を言えば相手は逃げていくので、言いません。ちょうど引き留めておける加減でこういったセリフを入れて相手を攻撃します。

 

 

そうは言うけど私には違うの…と思ってしまっていたらちょっと危険信号です。ナルシシスト的な人格というのは、普通の人とは正反対というレベルで全く違うからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました