悪質!意味不明なモラハラ男ナルシストの行動②夜中に意味なく起こしてくる。その理由は。

ナルシシスト

みなさんこんにちは、アメリ子です。一昨日、娘に父親にメールさせたところ、「ママも本当はパパの事ちょっと好きなんだよね」と笑顔で言われてビックリしました。

本当は大嫌いなままなんですが、娘がそう思ってくれるってことは良い傾向かな?うまく対応できてるのかもしれません。

 

グレーロック対応する前までは元夫によるモラハラにイライラがつのり、「私はあなたの父親が大嫌い」という態度がバレバレでしたが(最悪)、グレーロック対応するようになってからは自分のペースで元夫に対応できているので心の余裕ができ、穏やかでいられるんだと思います。

 

今回は、前日に父親が電話してきたので翌日に*「電話かメッセージ送る?」って娘に聞くと、娘が「メッセージ送る」と言って一生懸命文章を作っていたので一緒にみてあげていたところ、前述のセリフを言われました。

 

たぶん、父親の悪口を言わない、冷静に対応している、電話やメッセージを勧めてくる、メッセージの内容もちゃんと気遣ってくれる…この辺でそんな勘違いをしてくれたのかな、と思います。(;’∀’)

 

 

勘違いしてくれた娘は、パパに「a little love too from mom」とまでメッセージに追加していて、私は否定しなかったので元夫も勘違いしたかもしれません。( ̄― ̄)好きなわけないやろが!

 

 

ということで、図らずもモラ元夫はとても穏やかで上機嫌な返信をしてきましたが、今回はその元夫にもされたことがある、「睡眠を妨害してくるモラハラ夫の理由」について執筆していきたいと思います。

 

 

注*:相手のペースに巻き込まれず自分のペースで物事を進めるのもポイントです。

 

 

スポンサーリンク

寝ているパートナーを意味なく起こすモラハラ夫

image

みなさんは、自分1人、または子供と一緒に寝ているときに、モラハラ夫や彼氏に起こされたという経験はありませんか?

 

 

「え?何?」と思って起きるんですが、別になにか緊急事態が起きたわけでもないことを知るんですよね。

「何で起こすのよ!」とか「???」となってまた眠りにつくはずです。

 

 

気持ちよく寝ていたところをわざわざ起こされ、何でもなかったか…とまた寝る時、すぐに寝付けなかったりします。そして、何で起こされたのかよくわからず、また単純にイラっとしていろいろ考えてしまい、寝不足になるなんてことも…。

 

 

本当にこういう嫌なことをしてくる人がいるのか、と思いますがいるんですよね~。それが自分の家族となると最悪です”(-“”-)”。

 

文中に詳細も書いていますが、私はこうやって夜中に1歳の娘と寝ている時に起こされたことが何度かあります。

 

こんな体験してる人、あんまりいないだろうな…と思っていましたが、ナルシシストをパートナーに持つ人にとってこの体験は「あるある」の一つでした。

 

 

スポンサーリンク

私の体験

image

 

離婚前、私は夫オリバーの家のマスターベッドルームで1歳の娘と2人で寝ていました。

 

 

私たちの仲が悪くなり、彼が2階のベッドルームで寝るようになるまでは、そこにオリバーも後からやってきて一緒に寝ていました。

 

 

 

いつもは私が娘をお風呂に入れ、少し遊んでから寝かしつけます。なかなかすぐには寝てくれないことが多く、寝た…と思ってそ~っと部屋を抜け出すと「ギャーン(;O;)」と泣き出したりします。

 

そうやってやっと寝かしつけ自分の仕事を終え、眠りにつき深い眠りに差し掛かったころ、まぶたに眩しい光を感じたのです。

 

 

 

「え?」と思って目を覚ますと、そこにはニヤリと不気味な笑みを浮かべたオリバーが、自分のスマホの光を私にかざしていました。

 

image

 

目を覚ました私にオリバーは理由を伝えました。

 

 

 

 

 

 

「寝ているか確認しようと思って♪」

 

 

 

 

 

 

 

「ハァ?」

 

image

 

 

子供を寝かしつけたあと、やっと寝れる睡眠時間はとても貴重。そして深い眠りに差し掛かろうというところで「寝てるか確認しようと」わざわざ光をかざすオリバーにムカついた私。でも眠いのでそのまま眠りにつきました。

 

 

 

これが一回で終わらなかったのです。

次に起こされたのは再び「寝てるか確認」されたとき。

 

 

もうそのくだらん理由は知っているため、目を開けずにいたものの、光を感じて眩しいので目をしかめる私。

 

 

 

そう思ったオリバーはわざわざ私を起こしたのです。

 

何かしら喋りかけて起こした後、私がやめて!というのを聞いて満足そうに立ち去っていきました。

 

 

 

これは渡米後に一緒に住み始めてから2か月後のことでした。

この時私は彼が突然私を起こした理由が全くわからなかったのですが、当時離婚話もチラホラ出たり私への暴言が始まっていたことから彼がイライラして嫌がらせをしてるんだと思い、ムカついたものの放置しました。

 

 

 

そして、別の時に起こされたのはこういう理由でした。

 

 

「エマのオムツが濡れてるだろ!」

 

 

 

 

オリバーはいつも私たちが寝た後、何時間か経ってからようやく寝ます。仕事をしてるわけでもなく(無職)たぶんTVかゲーム。そうしてダラダラ過ごした後、のっそりベッドルームに入ってきて寝るんですが、この時起こされたのは朝3時頃。

 

 

 

 

「ハァ?気づいたんなら替えてよ!」

 

 

 

 

 

と思いながら、エマのオムツを見ると、今すぐ変えなきゃいけない程濡れてるわけでもない。

 

 

よく見ると、背中に汗をかいているようだったため「これは寝汗よ」というと「おしっこが漏れてる!!背中が濡れてるだろ」と言い張る。「寝汗だ」「おしっこだ」を繰り返し…。

 

 

「そこまで言うならこっちは一日中子育てしてやっと寝れたんだからあんたが替えろや!!」と思ったものの、オリバーは完全に怒っていたため仕方なくオムツを替えた私。

 

 

朝3時だったこともあり、そこから眠りにつくことができなくなりました。

 

 

 

スポンサーリンク

他の人の体験

他の人の場合、夜中につっついて私を起こし自分は一日中寝ていたという人もいれば、睡眠を妨害され、万年睡眠不足になってしまったため大好きな仕事を辞めざるを得なくなってしまった。しかもそのことに対して、ナルシシスト夫から「精神的に参ってるからだ」と責められた妻もいます。

 

 

また、別の人の場合は寝ている時に「話したいことがある」と起こされて、何かしら責められるということをされたそうです。そして「寝てるから明日にして」というと、自分は夜中に起きて外に出て言ったり、わざと引き出しを開けたり大きな音を立てて起こしてくるのだそうです。

 

 

この「わざと大きな音を立てる」というのはナルシシストがよくやるそうです。

 

 

私の場合は、1歳の娘がいたためさすがにそれはしませんでしたが、もっと長く一緒に住んでいたり子供がいない場所で私だけだったら絶対にやっていたと思います。

実際に彼は、私が立てるどんな小さな音でも「寝れない」と文句言いながら私たちが寝ているときにお皿を洗い出すなどしていました。

 

 

他には、寝ている人の隣でパソコンをカチャカチャ始め、犬を起こしたりスナックを食べたりなど音を立てるナルシシスト、夜寝る時に限って口論を始めるナルシシスト、自分が寝ている時に寝息やいびきをかかれると、激怒してたたき起こすナルシシストなど。

 

 

スポンサーリンク

睡眠妨害する理由

睡眠を奪われることを「sleep deprivation」と言いますが、モラハラ男オリバーを含め、ナルシシストたちがこの睡眠妨害をするのはもちろん彼らの特徴「特権意識」「境界線に踏み込む」「支配欲」「サプライの欲求」などが理由です。

 

 

そもそも彼らは他人の気持ちを考えて行動することはありません。

 

 

だからこそ、仕事中にガンガンメールを送って来たり、返信を求めたり、話したくないプライベートな話を無理やり聞き出そうとしたり、私たちが言われたくない話を人前でしたり、仕事に遅れそうっていうタイミングでどうでもいい用事を押し付けたりしてくるんです。

 

 

そして、この他人の睡眠を妨害する…というのもその一つ。

 

簡単に言えば「オレ(私)がいいと思ってるんだからいいだろ」ということ。(特権意識)

そしてこの時、私たちからの何かしらの反応を求めています

 

 

睡眠を妨害されることで私たちは日中ボーっとしてしまうため、的確な判断ができなくなったり混乱しやすくなったりします。これも彼らの目的です。そうすることで相手をコントロールします。

 

 

 

他に、自分が寝れないのに相手が寝ていることが気に食わない、といった理由もあります。

 

 

とにかく睡眠を妨害するケースは精神が健康な人の場合、緊急時かいびきをかいてしまう時くらいなど仕方ない場面が多いのに対して、ナルシシストは相手を疲れさせ、日中の行動に悪影響を及ぼしてやろうといった魂胆にくわえ、自分が良ければいいという悪の精神からわざとする行為ということです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

対処法

寝ている時に起こされる、というのは防ぐのがとても難しいです。特に、わざと音をたてたりつついたり、ゆすったりして起こす場合にはどうしようもありません。

 

これは証拠を残すしかないと思います。

 

その時の様子を詳細に記録したり、それに伴って起きた弊害、体調不良など全て記録します。

 

 

相手に対して「寝ている時に緊急時以外で意味なく起こすのはやめて欲しい」とメッセージを送って、それをモラハラの記録として残しておくのも良いかもしれません。

 

疲れて寝ている相手の睡眠をわざと妨害する悪魔のナルシシスト。寝るときくらい平穏でいたいものですよね。これはモラハラの中でもかなりあくどい部類に入るんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

お知らせ:

ナルシストによるモラハラに悩まされている被害者の方たちが情報交換し、精神崩壊から立ち直るためのFBグループを立ち上げました。プライベートグループで承認制となっています。もし興味がある方がいれば下記お問い合わせからご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました